FC2ブログ

【 不都合な真実 】

徒然
07 /16 2019

情報化社会になって、世界のグローバル化は一気に加速しています。
グローバル化という言葉に違和感はありませんが、今後拡散する情報産業のグローバル化は、人類にとって不都合な真実となるかもしれません。
世界のリーダーは誰一人その不都合な真実を口にしません。彼らは、地球はいずれグローバル化に洗われるという必然性を認識しており、グローバル化に抵抗することが歴史を逆転させるほど馬鹿げていると考えているのかもしれません。
これまでもそうであったように、今後も同様にグローバル化が押し寄せてくるでしょう。ですが、これまでの常識を超えたグローバル化社会は、多くの不都合を伴って拡大するという真実に目を背けてはなりません。

ソビエト連邦の崩壊により、東西冷戦が終結しました。冷戦はグローバル化拡散の最大の砦でした。
資本主義が際限なく広がることを封じる仕組みが共産主義の罠でした。貧富の差が大きくなれば自動的に共産主義の罠にかかり、国は共産主義に染まり、資本家は命からがら逃げださなければならなくなると信じられていました。

しかし勢いは止まりません。
グローバル化は共産主義という枠から解放されただけではなく、拡散の速度も猛烈にアップしました。グローバル化の担い手である企業は、金融情報産業なので、距離、時間という物理的条件に拘束されません。また、多くの国を駆け巡るので、独占禁止法の網に掛かりにくく、更には、大きな設備を要しないことから、課税するのも容易ではありません。
グローバル化に洗われることは、ほんの一握りの富裕層とそれ以外の人々しか存在しなくなることを意味します。

さて、自由主義経済は、神の見えざる手が最後は勝利すると教えられてきました。国民主権、民主主義、少数意見の尊重、どれもが神の見えざる手を意識してのことです。胸に手を当てて考えれば何が真実で何が正義かが分かる。天は自ら助くる者を助く、神の御心さえも同様でした。
人類はこれから史上類のない混乱に遭遇することになります。
胸に手を当てて考えたことが裏切られる、これまで正義として教え込まれていたことが敗北する、そうした現象が地球規模で頻発する時が迫っています。
人類の英知がこれを乗り切るのか?人々の精神力が経済の誘惑を断ち切れるのか?結果は安易に予測できません。
しかし、それはまさしく不都合な真実なのです。


スポンサーサイト



fukagaipro

P・R・O行政書士法人の
代表社員・深貝亨のブログ