Entries

手応え

 松岡修造の日めくりカレンダー、10日は「心のお風呂に情熱の薪をくべろ」とあった。熱意をもって若者に話をしても伝わらないことが多かった最近、いいな~松岡修造は。人間、やはり熱血漢でなくちゃつまらない。

 一生懸命話をしても相手方の反応が鈍いと、何が伝わっていないのだろうと色んな方面から言葉を浴びせる。しかし、そうすればするほど、言葉が空しく空を切ってしまい疲労感だけが残る。「こいつ、何も考えてないな。」と決めつけてしまうのは簡単だが、それでは、見込み違いを決定づけてしまうので良いことではない。
 力めば段々と深みにはまる場面に出くわすと、カラオケやゴルフのスコアを連想してしまう。どちらも力が入れば入るほど手応えから遠ざかっていって深みにはまる。ゆっくりと落ち着いた対応こそが望まれるとはいうものの、解決策は一向に見えていなかった。

 ところがこの歳になって、解決のヒントが見えてきた。この春、寒暖の差が大きくて、風邪をひいてしまった。何日も風邪気が抜けない日が続き、とにかく睡眠を心掛けた。するとどうだろう、全身の筋肉が弛緩してハリやコリがなくなっていくのが分かった。
 こうなると不思議なことが起きてきた。ゴルフの飛距離が延びた。カラオケのリズム感が良くなった。どちらも手応えが違った。ゴルフでいえば、球が捕まるとか運べる感じ、カラオケでいえば音が捕まえられる、曲に乗っていける感じ。

 手応えが悪いときはリラックスするに限るということだろう。若者との付き合いも同様にありたい。力めば力むほど、まともに捉まらない。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://fukagaipro.blog.fc2.com/tb.php/46-b7fd3dbc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する