Entries

男子活躍社会

今、日本は、国を挙げて女性や高齢者の活躍を応援しているが、
「何か忘れちゃいませんか?」と言いたくなる。

今から32年前、
サラリーマンから独立して、初めて職員を採用しようと面接した女性の職業意識の高さに、「これからは女性だ。」と、直感した。
たぶん、「どんな仕事のやり方を望まれますか?」と相手に聞かれ、「云われたことをやるのは当たり前で、その先を考えた仕事をしてほしい。」と自分が答えた気がする。相手は、まだ二十歳の娘さんだった。負けず嫌いで、厳しい仕事によく耐えて事務所の基礎を作ってくれた。

振り返って、今どきの男子をみると、徐々に職業意識が下がっている気がしてならない。
ある雑誌の対談で「理想の男性は?」と聞かれた若い女性が「昭和の香りのするひと」と応えていた。そうか、昭和のカオリなのかと思った。当時の男子も親の世代から見れば決して褒められたわけではなく、風当たりが強かったが、こんな自分でさえ、世の中は男がしっかりしなければダメだという意識は健在だった。
近年、男子の活躍が議論されることは少ないが、最も障害がなく活躍できるのは男子である。様々な場面で苦労をされている女性の社会進出に比較すると、男性は本当に恵まれている。

青年の身の内に宿る自らの能力に気付き、自らの職業意識に目覚めてほしい。決して安全なレールの上を目指すのではなく、自らの力で道を切り開く勇気をもってほしい。特に優秀といわれる男子は、安全な場所に身を置くことなく、競争の社会で勝ち抜く歓びを目指して欲しい。活躍する人の下に多くの仲間が集い、やがて新しい組織ができることを夢見てほしい。
世の中の中心になって、恵まれない人たちに救いの手を差し伸べることができるのも、まぎれもなく君たちなのだ。

「頼むよ、人生は一回きりだから。」昭和も、年寄りも去っていくのみだ。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://fukagaipro.blog.fc2.com/tb.php/38-2f4a6eba

トラックバック

コメント

[C3]

がんばります!

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する