Entries

花のニッパチ

私の誕生日は8月1日である。

毎年の誕生日がそれほど嬉しくない年齢になってどれくらいたつのだろうか。
還暦も過ぎ、誕生プレゼントに胸をときめかすことも、ケーキを囲む人の顔ぶれに胸をときめかすことも期待できない。

ところが、今年の誕生日は、例年になくわくわくして、たくさんの人に会いたいのである。
「誕生日おめでとう」と言われると即座に切りだすのはニッパチの話題である。
昭和28年8月1日生まれで、今年の誕生日は平成28年8月1日である。今年は、平成のニッパチである。

花のニッパチを知る者は少なくなった。北の湖は、我らの出世頭であった。
我々がまだ世間を知らない学生の分際の頃、彼は21歳で横綱になった。勝った時のふてぶてしさが話題になるほど強かった。
相撲界では、先代若乃花、野球では梨田や落合がいた。
一気にその頃の話題になって、華々しい気分になれるのが嬉しいのだ。

生れてちょうど63年が経った。
63年間続いた昭和は、日本人に大きな挫折をもたらしたが、同時に大きな勇気と自信ももたらした。
平成は28年でもうすぐ終わりを迎えようとしている。
果敢にチャレンジする日本人像が影を潜めて久しい、平成のニッパチ生まれが、「花のニッパチ」と呼ばれる日が再来すれば、これに勝る喜びはない。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://fukagaipro.blog.fc2.com/tb.php/37-76ea5a6d

トラックバック

コメント

[C2] 昭和の復興を支えた

最近、年号がらみに関心がある中での昭和28年の誕生に乾杯です。昭和20年代生まれの当時の若者が日本の復興を下支えしました。「ああ上野駅」の歌は、北海道出身者には感慨深く、東京での勉学や就職の情景を内容としています。益々のご活躍をご祈念いたします。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する