Entries

どこで仕事と巡り合うか

開業当初、夢と希望がいっぱいなのに、どう行動して良いか分からずに不安がいっぱいの自分がいる。仕事を探そうとすると、資格者の業務を検証することからスタートするのが一般的だ。省庁ごと、自治体ごと、申請内容ごとの膨大な申請書類の書き方に目が行くのはむしろ当然の反応といえるが、そこに仕事はない。「どうしたら書類が作れるか」と「どうしたら仕事を見つけられるか」は、全く別物だ。たとえが適当でないかもしれないが...

事務系専門職者の立場

企業にとって間接部門の経費が膨らむことは歓迎されない。経営者は常に直間比率なるものを意識するし、従業員だって気の利いた者なら稼ぐ側の人間と経費を使う側の人間の区別くらいはつこうと言うものだ。間接部門の人間にとって、特に風当たりが強いのは企業の売上が下降する局面だ。間接部門に同じだけの人員を配置したままだと、売上が下がれば必然的に間接部門の経費率が上昇することとなる。現場従業員の仕事は、売上成績だっ...