fc2ブログ

エッセー「半九郎が行く」 第1回

半九郎が行く
09 /16 2022
久保半九郎、1970年8月8日岐阜生まれ、札幌育ち。
武士道と義理人情にあふれた企業経営者。

趣 味:読書、料理、旅行
信 条:良い土をつくれば、自ずと良い人材が育つ
行動指針:動機善なりや、私心なかりしか? 神の見えざる手が秩序をつくる



JALファーストクラスにて
2022.09.15

メニューを持参し、
「お食事のご用意がございますが、飲み物を何かお持ちしましょうか?」というCAさんの声をさえぎって、
「食事は要らないので、お水と後からホットコーヒーをお願いします。」
「フルーツだけでも如何ですか?」
「いいえ、けっこうです。」
「それとひざ掛けをお願いします。」
「分かりました。」

間もなく、お水が届きました。
随分早いタイミングだと感じたものの、ペットボトル入りなのでまあ今でもいいかと受け取りました。

ですが、しばらく待っても膝掛けが出てまいりません。離陸が迫っていたこともあって、少々意地悪かと思いましたが、他のCAさんにお願いして持ってきて頂きました。
先のCAさんはそのあと脇を通り過ぎましたが、全く気付かない様子で、何の反応もありませんでした。

半九郎は物忘れをしないための工夫について考えました。
物忘れを防ぐために、用件を分類する手法を思い出しました。

この場合だと飲食に関する用件と、ひざ掛けに関する用件に分類します。
飲食に関することは2点、ひざ掛けは1点です。人の頭は、2点のよりも1点のほうが忘れやすいので、忘れやすい1点の用事から済ませるようにします。
こうすれば、このCAさんもひざ掛けを忘れることはなかったのにと思いました。

ところが、飛行機が動き出すとのアナウンスが入ったときに、脇を通りかかったくだんのCAさんが、「すみませんでした、本来は私がご用意させていただくはずでした。」とひざ掛けを忘れたことを丁寧に詫びて来られました。
半九郎は、その勢いに少し驚きましたが、同時に胸が痛みました。
姑息な感情から他のCAさんにお願いしたことを恥じました。
 
人にとって大切なことは、誠実さであったと痛感しました。
多少の忘れ物で、相手を見下した感情をもったこともその予防策を考えていたことも、そんなことは、誠実さから比べると微々たるものだという感情が湧き出てきました。

「いえ、どういたしまして。」と腹の底から絞り出して挨拶を返すのがやっとでした。
スポンサーサイト



深貝 亨

P・R・O行政書士法人 代表のブログ